サイドエアバッグの特徴

サイドエアバッグとはハンドルから出てくるエアバッグとは違い、サイドガラスの上部からエアバッグが出てくる仕組みになっています。

つまり従来では前からのエアバッグによって前方への衝撃には強かったですが、サイドへの衝撃には対応出来ていなかったのが出来るようになったということです。

これは事故の時に運転手や同乗者の命を救うためには非常に大事な装置であり、多くの人は事故時に窓ガラスに頭を強く打ち付けて重症になること多いです。

これを防げるということは被害をより最小限に食い止める事が可能になったという事になります。

これは事故による重傷者数を大きく下げる事に繋がります。

衝突は前の車にぶつかったり、後ろの車に当たられるだけではなく横からぶつかられる事になる場合もあります。車は前からの衝撃には比較的強いです。

前にはエンジンやその他の機械が敷き詰められており、それらがあるおかげで、前方から車に衝突されても運転席まで相手の車が食い込む事が少ないです。

しかしサイドから衝突された場合には壁が薄いので、あっさり運転席や助手席に相手の車が食い込む事となり命に危険が及びます。

そういった事態を防ぐために、サイドの強度を上げると共にサイドにもエアバッグが付けられるようになりました。

コメントは受け付けていません。