カーテンシールドエアバッグの特徴

近年では自動車を安全に運転することができるように、あらゆる角度から数多くのシステムが採用されています。

乗車している人の身体を守ることを前提としているものが基本とされており、アンチロックブレーキシステムや横滑り防止機能、そしてエアバッグなども基本的なものとして認知されています。

エアバッグの基本としては、ステアリングの中央部に設置されているものと、助手席側のダッシュボードに設置されているものがメインとして利用されており、それぞれ乗員を守るために取り付けられているものになります。

このエアバッグですが、さらに進化を続けている状態で、例えば後部座席に乗っている人を保護することを行うものや、シートに設置されているものも存在しています。

新しいものとしてはカーテンシールドエアバッグと呼ばれているものがあり、このタイプの特徴では、車内の両サイドの窓ガラス部分を覆うように保護することのできるシステムになっています。

特に横からの衝撃に強いものとして認知されており、窓ガラスやピラー部分などで乗員が怪我をしてしまうことが無いように配慮されているものになります。

衝突後に瞬時に作動することになるために、多くの交通事故の場面で役立つものとされています。

コメントは受け付けていません。