充実した安全装備で安全対策

自動車の急速な普及と共に安全性が高まった日本では、自動車製造各社が競って安全性能の向上を図ってきました。

従来、安全装置と言えばシートベルトに衝撃を吸収するためのバンパーはどの車にも標準化されていましたが、エアバッグなどはここ10年で標準化されたため歴史的に見れば新しい装置です。

エアバッグと共に多くなった装置はABS(アンチロックブレーキ)やESC(横滑り防止装置)などで、これらは急ブレーキなどの際に車体の横滑りなどを制御する装置やブレーキロックでハンドルが利かなくなることを避ける装置です。
ビジネス女性02
最新のシステムとして、レーダーブレーキシステムや衝突軽減ブレーキシステムなどを搭載した車も生産が進み、後続車に急ブレーキでテールランプを点滅させて警告を促す装置なども今後標準化されるでしょう。

間接的な安全装備として、バックモニターやサイドブラインドモニターなども安全を確保する役割を果たしています。

危険を相手にわからせるための警笛や前照灯、速度警告、アメリカですでに採用されている空気圧監視装置なども安全を担う役割があります。

自動車は一度エンジンを掛けて走り出すと走る凶器と化すため、ボディーや運転機能に多くの安全性能の工夫がされています。

コメントは受け付けていません。