エアバッグの役割と特徴

エアバッグは車に備え付ける事が義務づけられている安全装置です。

これは事故の時の衝撃に反応して作動するようにされており、運転手や助手席に備え付けられています。

衝撃と同時に作動して頭や身体を打ちつけてしまうことを防いでくれます。

これがあるか無いかでは事故による被害状況が全く変わってきます。

ビジネス男性02そしてこれらはシートベルトの着用をしている事が前提で設置されています。

つまりこの機能が作動したとしても、運転手や助手席に座っている人がシートベルトを着用していない場合には、その効果を十分に発揮出来ないということになります。

想像すればわかりますが、衝撃によって人は前方か横に大きく揺さぶられます。そこでシートベルトを付けていなければ、サイドガラスかフロントガラスに頭から突っ込んで道路へと投げ出されてしまいます。

そうなれば絶命は必死であるので、シートベルトの着用は必ず行う事が大切です。

この安全装置の仕組みとしては、前方やサイドから衝撃を受けた時に装置が衝撃で圧迫されてガスの行き場を失う事によって、装置が作動して大きく膨らむ事になります。

衝撃から作動までの時間は音速並みとされており、だからこそぶつかった瞬間に作動させることが出来ます。

コメントは受け付けていません。