エアバッグとは

エアバッグとは車が衝撃を受けた時にハンドル部分から出る衝撃吸収素材を使用した命を守る為の物です。

これがあるか無いかによって事故による死亡者数は大きく変わってきます。

想像してみればこれを備え付けていない車が事故したときにどうなるかはすぐにわかります。

顔を強く打ち付けて命を落とす事になります。

つまりこれを備え付けている事によって、落とさずに済む命が多くあります。

これはフロントに設置されている物とサイドに設置されているものがあります。ぶつかった時の衝撃は誰にも想像がつきません。

ちょっとした要素によってあらゆる方向へ身体が揺さぶられる事になります。つまり事故の時にその人がどのような動きで揺さぶられるのかがわからないので、必ずサイドにも設置しておく事が大切です。

もしサイドガラスに頭を強くぶつけてしまうことになれば命に危険が及びます。

また、脳に疾患を持っている場合であればまず亡くなられてしまいます。

そういった事を避ける為にも設置が義務付けられています。これらは車検の時に点検してもらう事が出来ます。

もし、衝突時に正常に動作しないことにでもなれば非常に悔やまれる事になるので車検は定期的に行う事が大切です。

コメントは受け付けていません。